ふくやましんでん山暮らし支援会のこと

山暮らし支援会イメージ

私たちについて

山暮らし支援会ポスター

持続可能な集落の実現に向けて、移住・就農を促進させるため、地元の有志が2016年に立ち上げた任意団体です。田舎暮らしや就農に関心がある人からの相談受付けや情報提供、山暮らし体験ツアーの開催、あるいは移住されてくる方々への助言・準備、住宅紹介、農業指導、農地や農機具の貸出しなど、包括的に移住者の新生活をサポートします。

また2020年度からは、地区内にある「福山峠のふるさと広場」の指定管理業務を魚沼市より受託することとなり、当施設の運営を通じて、福山区のさらなる活性化に寄与することを目指します。

主な取り組み

山暮らし体験ツアーの開催

田舎暮らしに関心のある人などを対象に、農業体験を中心にリアルな山里の暮らしを知ってもらう1泊2日のツアーを春夏秋冬で開催しています。

 

就農相談イベントへの出展

移住相談フェアのイメージ

首都圏や県内などで開催される就農相談イベントなどに出向き、移住・就農希望の方々からのご相談にお答えします。

お試し移住などの受け入れ対応

福山を移住先候補に考えている人には、集落内のお試し住宅に短期滞在いただき、ご希望に応じて集落の案内、地元の方や先輩移住者との懇談、空き家の案内、農作業体験などを調整し対応しています。より現実的に移住を考えて繰り返し来福される方には、継続的なフォローに加え、求めに応じて野菜作り指導や空き家物件の斡旋なども行っています。

>>支援会のサポート内容はコチラ

「迎賓館ふくやま別館」の運営

迎賓館福山別館

福山新田の空き家を、外部の方からの手も借りて滞在施設として改修しました。お試し移住から長期滞在まで、魚沼の山里暮らしにご興味ある方であれば、春夏秋冬いつでも好きな時期にご宿泊いただけます。

「福山峠のふるさと広場」指定管理業務

市営の複合型体験施設「福山峠のふるさと広場」の管理業務を2020年度より受託し、さまざまな交流・体験イベントの提案などを通じて、施設の魅力向上と顧客の拡大を図ります。

団体概要

名称 福山新田山暮らし支援会
設立 2016年4月1日
代表 市井晴也(1995年にIターン)
顧問 魚沼市福山新田地区 区長
会員数 18名

代表挨拶

 

支援会代表 市井晴也

山暮らし支援会代表 市井春也

20代の頃に農林業を生業にしたくて東京から結婚したての妻を連れてこの山に来ました。こちらで生まれた子供3人も無事巣立っていきました。

ずっと充実した時間を過ごせていて、若い人ももっと来ればいいのになぁ、と常々思っています。高齢化により田畑を借り易い状況もあります。やらないで後悔するより一歩を踏み出してみませんか。新しい生活のひとつひとつが自分の糧になると思います。自分で作った野菜やお米の美味しさも是非味わってみてください。

自然に添う生活の心地良さ、体感できますように。

長く住むほどにこの地が好きになっていきます。そんな地に出会えて良かった。このHPを見た人もそんな地に出会えますように。願わくばそれがここ福山新田でありますように。

 

© 2021 ふくやましんでん山暮らし支援会